カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オペ開始

胸が小さくて悩んでいる女性が、バストアップを目的として豊胸手術をしようとすることがありますが、どのような方法でバストアップを目指すのか、また、美容外科へ行くのならばどこが安心で安全か、自分でしっかりと事前に調査をすることが必要となります。
現在、多くの美容外科が豊胸手術を行っておりますが、すべての美容外科が安全な手術を行っているとはいえません。
これは日本だけではなく世界で行われる豊胸手術においても問題になっており、バストアップの手術をした後に胸の痛みがなくならなかったり、シリコンバックを使った豊胸手術によって感染症が引き起こされることもあります。
胸を大きくするために、美容外科を訪れる際には、ただ値段が安いという理由だけで選ぶと、自分にもこのような危険が降りかかる可能性があります。

豊胸手術には大きく分けると脂肪注入豊胸、シリコンバック豊胸、ヒアルロン酸豊胸の3種類の方法があり、どの方法にもメリット・デメリットは存在します。
脂肪注入豊胸については感触が自然ですが自分の脂肪細胞が余っていなければできませんし、シリコンバック豊胸は他の方法と比べ大きさが元には戻りませんが、バックの種類による破損するかもしれない危険があり、ヒアルロン酸豊胸ではアレルギー反応などが起こりづらく、安全ですが、何年か経つとしぼんでしまうことがあります。
バストアップを目指し豊胸手術をしたいという方は、手術の方法が複数ある事を知り、どれが自分に合っているかを医師に相談したり、多くの口コミで安全があるのかなどをしっかり検討することが必要です。

器具調整

美容外科では、豊胸手術で簡単にバストアップ出来ます。
バストを大きくしたい、垂れてしまった胸を直したいという方も多いと思います。
美容外科では手術前のカウンセリングからアフターサービスも充実している所が多いので、自分の理想にあったサービスを提供してもらえます。
悩んでる方は利用してみてはいかかでしょうか。
美容外科での豊胸手術にも色々な種類があり、バストを大きくしたい方には、シリコンバックを胸の筋肉の下に入れる施術がお勧めで、バストが垂れてしまった方には、シリコンバックを乳腺の下に入れる施術がお勧めです。
シリコンバックを注入する以外に、脂肪幹細胞注入といった豊胸手術もあります。
こちらは自分の気になる部分から取り出した脂肪に含まれる幹細胞と、脂肪を一緒にバストに注入するものです。
気になる部分の脂肪が減り、バストアップが出来ます。

美容外科では専門の医師があなたの理想に近づける為に、相談に乗ってくれますので、納得のいくサービスが受けられるでしょう。
最近ではプチ豊胸手術と呼ばれている、ヒアルロン酸を注入してバストアップするものがあります。
上記の豊胸手術に比べてお値段が安く、手術時間もかなり短縮されます。
効果は人によってですが、長くて2年程度だそうです。
メスを使わずヒアルロン酸を注入するだけなので、手軽にバストアップをする事が可能です。
上記の豊胸手術と同じように自然な仕上がりになります。
バストでお悩みの方は、美容外科での豊胸手術を活用してみてはいががでしょうか。

オペ

バストアップは、女性が女性らしさをアピールする上では欠かせない要件です。
生まれもってバストが小さい場合には、美容外科で豊胸手術を受けることを考えるのも、当然ですね。
美容外科におけるバストアップの方法としては、大きく分けて豊胸手術とプチ整形があります。

まず、豊胸手術というのは皆さんご存知の通り人工バッグをバストの中に入れるというものです。
外科的手術になるので費用も時間もかかりますが、最近では日帰り手術ができる美容外科も増えています。
バストアップはしたいけれど、豊胸手術のために仕事を休みたくない、家を空けたくないといった方にも安心ですね。

2つ目のプチ整形は、外科的手術の必要がなく、バストに直接注射するだけで済むという気軽でリーズナブルなのが魅力です。
美容外科で行なわれているプチ整形には、ヒアルロン酸注入や脂肪注入などがあります。
ヒアルロン酸注入とは、人の体に元々含まれているヒアルロン酸という成分をバストに注入するというものです。
ヒアルロン酸はアレルギーの心配がありませんから、敏感な体質の方にも安全です。
保湿やアンチエイジングの成分として、化粧品や美容サプリでもお馴染みですね。

それから、もう1つの脂肪注入は、自分の体の一部分から脂肪を注入し、それをバストに注射で入れるというものです。
お腹周りや太腿など、ダイエットしたい部分の脂肪を吸引してから行なうので、バストアップと同時にダイエットもできるのが魅力です。
もちろん、自分自身の脂肪を別の場所に移すだけの話ですから、アレルギーの心配もなく、極めて安全です。